コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上河淇水 うえかわきすい

3件 の用語解説(上河淇水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上河淇水
うえかわきすい

[生]寛延1(1748).11.9. 近江
[没]文化14(1817).10.4. 京都
江戸時代後期の心学者。名は正揚,通称は愿蔵。心学者手島堵庵に学び,師の没後明倫舎3世舎主となる。石田梅岩によって創始された心学は,教化活動の進展とともに思想体系の整備充実が必要になったが,そのなかで淇水は朱子学によって心学の理論づけを行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上河淇水 うえかわ-きすい

1748-1817 江戸時代後期の心学者。
寛延元年11月9日生まれ。手島堵庵(とあん)にまなび,のちその養子となり分家の上河の姓を名のる。寛政3年明倫舎3代をつぎ,全国に教えをひろめた。文化14年10月4日死去。70歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は志賀。名は正揚,義言。字(あざな)は子鷹。通称は愿蔵。別号に東海,柿園。著作に「聖賢証語国字解」「心学承伝之図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上河淇水

没年:文化14.10.4(1817.11.12)
生年:寛延1.11.9(1748.12.28)
江戸中・後期の心学者。近江国神崎郡今田居(滋賀県八日市市)の志賀盛言の4男。名は正揚,通称愿蔵,字は子鷹,号は淇水,東海。20歳のとき京都に出て手島堵庵の門に入り,その養子となり分家上河家を継ぐ。寛政3(1791)年義兄手島和庵を継承し,京都の明倫舎第3世舎主となり,全国の石門心学運動を主宰する。自ら諸国に赴き講話し門弟の指導に当たり,また心学講舎の設立や心学教義の確立に尽力する。<著作>『心学承伝之図』,『聖賢証語国字解』<参考文献>石川謙『石門心学の研究』,同『近世日本社会教育史の研究』

(渡辺弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上河淇水の言及

【石門心学】より

…堺で道話を興行したときは町奉行をはじめ3000人の聴衆が集まった。そのころ京都に上河淇水(うえかわきすい)(1748‐1817)があり,門下の統制を強化することに努め,とくに心学思想の朱子学化を図った。また,異色の心学者として鎌田柳泓(りゆうおう)(1754‐1821)がおり,儒仏老の三教の一致を説くとともに,朱子学も陽明学もその窮極においては一致すると主張した。…

※「上河淇水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上河淇水の関連キーワード兵庫県神崎郡神河町猪篠兵庫県神崎郡神河町川上兵庫県神崎郡市川町神崎兵庫県神崎郡神河町栗兵庫県神崎郡福崎町高岡兵庫県神崎郡福崎町田口兵庫県神崎郡福崎町西田原兵庫県神崎郡神河町渕慈恩尼平野橘翁

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone