コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上行菩薩 じょうぎょうぼさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上行菩薩
じょうぎょうぼさつ

菩薩の名。『法華経』従地涌出品で述べられる菩薩。その場面で,地から現れた菩薩たちが,仏陀によって『法華経』の伝道にふさわしいものとして予言されるが,それらの菩薩の指導者4人中の一人。日蓮は自分がこの菩薩の生れ変りであると自覚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうぎょうぼさつ【上行菩薩】

釈迦が法華経を説いたとき、地からわき上がり、釈迦から法華経の伝道を付嘱ふしよくされた四人の菩薩のうち、最上位のもの。日蓮の教化は、この菩薩の生まれかわりという自覚のもとに展開された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上行菩薩の関連キーワード最上位開目抄教化釈迦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android