コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下さんす クダサンス

デジタル大辞泉の解説

くださん・す【下さんす】

[動サ特活]《「くだされます」「くださります」の音変化。近世上方で、主として女性が用いた》
「くれる」の意の尊敬語。くださいます。
「祝儀とて、との達から―・すこともござんす」〈難波鉦・二〉
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、「…てくれる」の意の尊敬語。…てくださいます。
「かならず人に逆らはず、身をつつしんで―・せ」〈浄・薩摩歌〉
[補説]「くださる」に「んす」の付いた語からともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くださんす【下さんす】

( 動サ特活 )
〔「くださります」の転。「くださる」に「んす」の付いた語ともいう〕
近世遊里語。
くださいます。 「すこしづつでも祝儀とて、との達から-・すこともござんす/仮名草子・難波鉦」
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」の付いた形に付いて、動作をする人に対して、その動作を受ける者の立場から敬意を表す。…てくださいます。 「わしを女房に持つて-・すか/浄瑠璃・宵庚申 」 〔連用形には「くださんす」、命令形には「くださんせ」が使われる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下さんすの関連キーワード補助動詞接続助詞仮名草子尊敬語宵庚申連用形茶る