コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下佐谷村助六 しもさやむら すけろく

2件 の用語解説(下佐谷村助六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下佐谷村助六 しもさやむら-すけろく

?-1779 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
常陸(ひたち)(茨城県)新治郡の旗本本堂氏の知行地下佐谷村の農民。安永7年増税に反対して志筑領25ヵ村の農民が結集し,領主の江戸屋敷に強訴(ごうそ)した助六一揆を指導。頭取として捕らえられ,安永8年9月16日処刑された。通称は与惣左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下佐谷村助六

没年:安永8.9.16(1779.10.25)
生年:生年不詳
江戸中期の百姓一揆の指導者,義民。常陸国(茨城県)新治郡本堂氏知行所下佐谷村の百姓代(名主とも)で与惣左衛門ともいった。助六らは領主役所の志筑陣屋の非政を訴えて高札場に貼紙をし,嶋木原に結集した25村の百姓らの頭取となって,安永7(1778)年12月28日に江戸の領主屋敷に押しかけ強訴した。領主は村役人を逮捕したが,百姓らはさらに領内各地で集会し騒ぎ立てたため,領主は首謀者らの一斉逮捕に踏み切り,吟味の結果助六が獄門,多数が処罰された。これを助六一揆という。助六は,義民として祭られ,現地には墓碑(一念寺),首塚(子孫福田家),助六地蔵(閑居山)などがあり,助六地蔵祭や助六百年祭なども挙行されている。<参考文献>『千代田村史』

(斎藤善之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下佐谷村助六の関連キーワード義民百姓一揆磯部村清太夫片岡万平神永市兵衛上吉影村藤衛門小池村勇七鈴木源之丞堀江六之丞本橋次左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone