コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下侍 シモサブライ

4件 の用語解説(下侍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しも‐さぶらい〔‐さぶらひ〕【下侍】

清涼殿殿上(てんじょう)の間の南にある、侍臣の詰め所。遊宴の場所でもあった。

しも‐ざむらい〔‐ざむらひ〕【下侍】

身分の低い侍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しもさぶらい【下侍】

清涼殿の殿上の間の南にある、侍臣たちの詰め所。また、遊宴の場所。畳敷きで、炭櫃すびつの設備があった。 「或は殿上の-この掃部寮に仰せて/宴曲集」 → 清涼殿

しもざむらい【下侍】

下級の侍。格式の低い武士。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下侍の言及

【清涼殿】より

…殿上の間の縁,小板敷の南に小庭がある。その南に〈下侍(しもさぶらい)〉があり,殿上人に次ぐ身分の者が祗候した。落板敷から東へ〈長橋〉があり,紫宸殿に通じている。…

※「下侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下侍の関連キーワード内の昇殿上の戸小蔀小庭鈴の綱殿上の間時の簡日給上の候内昇殿

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下侍の関連情報