コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下侍 シモサブライ

大辞林 第三版の解説

しもさぶらい【下侍】

清涼殿の殿上の間の南にある、侍臣たちの詰め所。また、遊宴の場所。畳敷きで、炭櫃すびつの設備があった。 「或は殿上の-この掃部寮に仰せて/宴曲集」 → 清涼殿

しもざむらい【下侍】

下級の侍。格式の低い武士。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下侍の言及

【清涼殿】より

…殿上の間の縁,小板敷の南に小庭がある。その南に〈下侍(しもさぶらい)〉があり,殿上人に次ぐ身分の者が祗候した。落板敷から東へ〈長橋〉があり,紫宸殿に通じている。…

※「下侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下侍の関連キーワード前田 利同藤堂高潔蒲生氏郷里見義康上杉宗房藤原魚名大沢基重細川光尚毛利綱広織田秀信佐竹義和徳川秀忠藤原盛兼長束正家池田輝政近衛兼経伊達秀宗参知政事藤堂高睦侍塚古墳

下侍の関連情報