下侍(読み)シモサブライ

大辞林 第三版の解説

しもさぶらい【下侍】

清涼殿の殿上の間の南にある、侍臣たちの詰め所。また、遊宴の場所。畳敷きで、炭櫃すびつの設備があった。 「或は殿上の-この掃部寮に仰せて/宴曲集」 → 清涼殿

しもざむらい【下侍】

下級の侍。格式の低い武士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の下侍の言及

【清涼殿】より

…殿上の間の縁,小板敷の南に小庭がある。その南に〈下侍(しもさぶらい)〉があり,殿上人に次ぐ身分の者が祗候した。落板敷から東へ〈長橋〉があり,紫宸殿に通じている。…

※「下侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android