コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下元西洲 しももと せいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下元西洲 しももと-せいしゅう

1765-1830 江戸時代後期の書家。
明和2年生まれ。高畠東陵(とうりょう)にまなび,和漢の学や詩歌にも通じる。土佐(高知県)須崎村に私塾をひらき,鹿持雅澄(かもち-まさずみ)らをそだてた。文政13年3月30日死去。66歳。土佐出身。名は真清(ますが)。通称は良助。著作に「広採雑記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下元西洲の関連キーワード奴隷制廃止運動田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)ブルース(James Bruce)総合年表(アメリカ)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android