コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下大静脈後尿管 かだいじょうみゃくこうにょうかん Reterocaval Ureter

1件 の用語解説(下大静脈後尿管の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かだいじょうみゃくこうにょうかん【下大静脈後尿管 Reterocaval Ureter】

[どんな病気か]
 生まれつき尿管が下大静脈の後方から内側、前方へと回って膀胱に入る、まれな病気です。これは静脈系の発生異常で、ふつう右の尿管におこります。
 尿管が強く曲がり、静脈で尿管が圧迫され、尿の流れが悪くなります。そのため尿管や腎臓(じんぞう)内の圧が高まり、水尿管(すいにょうかん)や水腎症(すいじんしょう)(「水腎症」)になります。
[症状]
 症状がないことも多いのですが、尿の流れが障害されるので、尿路に細菌感染がおこりやすく、また、尿路結石(にょうろけっせき)(「尿路結石」)や水腎症もおこり、尿の混濁(こんだく)、血尿(けつにょう)、疝痛(せんつう)(きりでもまれるような痛み)などの症状が現われます。
 静脈性腎盂造影(じょうみゃくせいじんうぞうえい)、逆行性腎盂造影、血管造影などの検査によって診断しますが、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気画像診断装置)でも診断できます。
[治療]
 症状がなければ経過をみますが、症状がある場合や水腎症がみられる場合は、手術をします。
 尿管を切断し、正常な位置にもどしてからつなぐ方法と、下大静脈を切断し、尿管を正常な位置にもどしてからつなぐ方法とがあります。
 腎機能の回復が望めない場合は、腎臓を摘出します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

下大静脈後尿管の関連キーワード水腎症生まれ立ち生得天骨鈍根何心地不死身プリマドンナ病は気から生れ付き

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone