コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下川凹天 しもかわ へこてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下川凹天 しもかわ-へこてん

1892-1973 大正-昭和時代の漫画家。
明治25年5月2日生まれ。北沢楽天の弟子となり,大正から昭和初期にかけて「楽天パック」「東京パック」などに似顔絵,女性風俗漫画などをえがく。「読売サンデー漫画」に連載の「男ヤモメの巌さん」で評判をとった。昭和48年5月26日死去。81歳。沖縄県出身。青山学院中退。本名は貞矩(さだのり)。著作に「凸凹人間」「漫画似顔画集」など。

下川凹天 しもかわ-おうてん

しもかわ-へこてん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の下川凹天の言及

【アニメーション映画】より

…一方,近年は商業的なアニメも盛んになり,ロック,オペラを使ったニルバーナ社製作の長編テレビアニメ《悪魔とダニエルねずみ》(1978)といった作品もある。
[日本]
 国産漫画映画の誕生は,〈活動写真〉の輸入から18年後の1916年,北沢楽天を中心にした漫画雑誌《東京パック》の同人下川凹天,幸内純一と,洋画家の集りフュウザン会の企画経営者北山清太郎の3人から始まる。当時《凸坊新画帖》という肩書で公開されたE.コールらの作品の現物を分析して,手探りでそのトリックを解明するところからスタートした。…

※「下川凹天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下川凹天の関連キーワード吉本三平昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下川凹天の関連情報