下手の考え休むに似たり(読み)へたのかんがえやすむににたり

ことわざを知る辞典「下手の考え休むに似たり」の解説

下手の考え休むに似たり

下手な人がえるのは休んでいるようなもので、時間ばかりかかって、なんの効果もない。

[使用例] 下手の考え休むに似たりということが有るが、戦争いくさを致すにそう一々首を傾けて居ては勝つことが出来んわ[禽語楼小さん*落語・将棋殿様|1889]

[解説] 元来は囲碁や将棋の対局の際、考え込む相手に軽い皮肉をこめていうものですが、他の問題で考え込んだときに使われることもあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「下手の考え休むに似たり」の解説

へた【下手】 の 考(かんが)え休(やす)むに似(に)たり

下手な人が考えるのは、時間を浪費するばかりでなんの効果もない。
滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「サアサア早くしねへか。下手の考休むに似たりだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「下手の考え休むに似たり」の解説

下手へたかんがやすむにたり

や将棋で、下手な者の長考は、時間を浪費するだけで、なんの効果もない。相手が考え続けるのをあざけっていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android