コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下放運動 かほううんどう

世界大百科事典 第2版の解説

かほううんどう【下放運動 xià fàng yùn dòng】

中国,現代の思想改造運動の一つ。政府・中国共産党の幹部,学生が一定期間,農村や工場に入り,労働者農民と共に働き,その体験を通じて労働者,農民に奉仕する精神を養い,精神労働肉体労働差異を縮小しようとしておこなわれた。知識人が1919年の五・四運動の中で大衆の政治的啓蒙をはかるためにおこなった下郷運動にその前身をみることができるが,中華人民共和国成立後ふたたび実施されるようになったのは,整風運動以降の58年である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下放運動の関連情報