コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神労働 セイシンロウドウ

デジタル大辞泉の解説

せいしん‐ろうどう〔‐ラウドウ〕【精神労働】

主として頭脳を使ってする労働のこと。頭脳労働

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

精神労働

 主として肉体を使って行う肉体労働に対して,精神的な活動を主とする労働.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんろうどう【精神労働】

もともと人間の労働には,(1)労働対象に働きかける方法を考える頭脳的エネルギー支出と,(2)その働きかけそのものである肉体的エネルギーの支出という二つの要素がある。資本主義の発展とともに技術が進歩するにつれて,この2要素はしだいに分業化され,(1)を主要な内容とする精神労働が,機能を(2)に限定された肉体労働とは区別される職業として自立するようになった。技術の創造応用,生産組織の企画と運営,医療や教育,芸術的創作などが,その具体例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしんろうどう【精神労働】

知的活動による労働。 ↔ 筋肉労働肉体労働

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精神労働の関連キーワードアルフレッド ゾーン・レーテルブルーカラー・ホワイトカラープチ・ブルジョア労働者自主管理イデオロギーヘッドワーク労働強度筋肉労働三面紅旗半工半学三大差別下放運動

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android