精神労働(読み)せいしんろうどう

精選版 日本国語大辞典の解説

せいしん‐ろうどう ‥ラウドウ【精神労働】

〘名〙 主として頭脳を働かせる労働。肉体労働・筋肉労働に対していう。知的労働。頭脳労働。
※苦悶の象徴(1921)〈厨川白村〉一「これは今日の労働━━単に筋肉労働ばかりでなく、口舌労働、精神労働、何でも総ての労働の状態に就いて考へれば明白である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんろうどう【精神労働】

もともと人間の労働には,(1)労働対象に働きかける方法を考える頭脳的エネルギー支出と,(2)その働きかけそのものである肉体的エネルギーの支出という二つの要素がある。資本主義発展とともに技術が進歩するにつれて,この2要素はしだいに分業化され,(1)を主要な内容とする精神労働が,機能を(2)に限定された肉体労働とは区別される職業として自立するようになった。技術の創造応用,生産組織の企画と運営,医療や教育,芸術的創作などが,その具体例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android