コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村庄助 しもむら・しょうすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

下村庄助

生年:生没年不詳
17~18世紀のころの京都の「かわた」頭といわれるが出自は不詳。武士身分といわれる。勝助,勝介とも書く。伝承によれば慶長8(1603)~元和5(1619)年初代彦惣,2代目庄助は板倉重宗に仕え,大坂陣での皮革需要の確保に当たった。そのさい斃牛馬処理権を持つ「かわた」を山城・摂津・江州で掌握・支配したとも,また扶持米109石余からみて庭者統轄の役目も持っていたと推察されている。3代目六文病死(1708)で後継者なく断絶,手代が相続を願うも許されなかった。役目であった御所,二条城の掃除役は名誉職として一般町人も従事,支配下にあった「役人村=えた村」もその後,頭が独自に支配した。なお居住地も部落外の西洞院丸太町上ルにあった。<参考文献>辻ミチ子「京都における被差別部落成立について」(部落解放研究所『近世部落の史的研究』上)

(秋定嘉和)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android