コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下毛野古麻呂 しもつけのの こまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下毛野古麻呂 しもつけのの-こまろ

?-710* 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大宝律令(りつりょう)」の撰定藤原不比等(ふひと)らと中心的な役割をはたす。文武天皇4年(700)功により禄(ろく)をあたえられ,大宝元年親王,諸臣らに新令を講じた。のち兵部卿(ひょうぶきょう),式部卿にすすむ。和銅2年12月20日死去。名は子麻呂ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しもつけぬのこまろ【下毛野古麻呂】

?‐709(和銅2)
古代の官人。子麻呂とも書く。下毛野朝臣は崇神天皇の皇子豊城入彦命の後裔と称する雄族だが,古麻呂の系譜は未詳。689年(持統3)に所有する奴婢600人の解放を願って許されたことが《日本書紀》にみえる。このころの経歴も明らかではないが,隋や唐の律令を深く学んだようで,その後大宝律令の撰定に参画し,藤原不比等,粟田真人らとともに,その中心となって活躍した。701年(大宝1)3月に大宝令の一部が施行されると,その翌月古麻呂は右大弁として諸王・諸臣に同令を講じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下毛野古麻呂の関連キーワード下毛野氏あすか官吏

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android