下等動物(読み)カトウドウブツ

精選版 日本国語大辞典の解説

かとう‐どうぶつ【下等動物】

〘名〙
① 発生学、比較解剖学、系統学などから進化の程度が低いと考えられる動物。脊椎動物では、爬虫類、両生類、魚類など。
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉人類の最大発明は直立直行「直立直行は啻(ただ)に外見に於て人を下等動物(カトウドウブツ)と果らしむるのみならず」
② 考え方や性質などがいやしい人。
破垣(1901)〈内田魯庵〉二「妾手掛や芸娼妓を芥のやうに罵って〈略〉世の中に彼様な卑しいものになりたがる下等動物のあるを慷慨して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android