コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下鞍・韉 したぐら

大辞林 第三版の解説

したぐら【下鞍・韉】

馬具の一。和式の鞍で、鞍橋くらぼねの下に敷いて、馬の背を保護するもの。普通二枚を重ねて用い、上を切付きつつけ、下を膚付はだつけと称する。中世以後は、全体を切付と称することがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下鞍・韉の関連キーワード和式馬具切付

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android