不具(読み)フグ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ぐ【不具】

[名・形動]
からだの一部に障害があること。
物事が備わっていないこと。ととのっていないこと。また、そのさま。不備。
「物を必ず一具(いちぐ)に調へんとするはつたなき者のする事なり。―なるこそよけれ」〈徒然・八二〉
自分の気持ちを文章に尽くしていないこと。手紙の終わりに書く語。不一不尽不備

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふぐ【不具】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
身体の一部に障害のあること。
そろわないこと。そなわらないこと。また、そのさま。不備。 「物を必ず一具に調へんとするはつたなき者のする事なり。-なるこそよけれ/徒然 82
手紙の末尾に書いて、気持ちを十分に述べ尽くしていない意を添える語。不一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐ぐ【不具】

〘名〙
① (形動) そなわらないこと。そろわないこと。また、そのさま。不備。
※康頼宝物集(1179頃)下「眼くらく諸根にして立事を得ず」
② わずらい。やまい。病気。
※実隆公記‐文明一三年(1481)三月二一日「予可参之処不具之間不参」
③ (形動) 身体の一部に障害があること。また、その人やさま。
※小右記‐長和五年(1016)六月一九日「雖一両之支不具、依新物忌歟」
④ 手紙の末尾に付し、意を尽くさず整わないの意に用いる語。
※万葉(8C後)五・八一一左詞文「故附公使、聊以進御耳。謹状不具」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android