不周延(読み)フシュウエン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐しゅうえん〔‐シウエン〕【不周延】

undistributed論理学で、判断の主張がその主語または述語となっている概念外延の一部分にしか及ばないこと。また、その概念。例えば、「すべての犬は哺乳類である」というとき、「犬」という概念は周延されているが、「哺乳類」という概念は不周延である。不拡充。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふしゅうえん【不周延】

命題の主張が、その主語または述語の位置を占める概念の外延の一部分にしか及ばないこと。例えば「すべての人間は動物である」というとき、「人間」という概念は周延されているが、「動物」という概念は不周延である。 ⇔ 周延

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android