コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不妊防除 ふにんぼうじょ

2件 の用語解説(不妊防除の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふにんぼうじょ【不妊防除】

害虫防除法の一。雌雄のどちらか、あるいは両方を不妊状態にして野外に放し、害虫の増殖を防ぎかつ絶滅させる方法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふにんぼうじょ【不妊防除】

害虫の雌雄の両者あるいは一方をなんらかの手段で不妊とし,それらを野外に放し,正常な雌雄間の交尾,受精率を減少させることによって,昆虫の個体数を減少させる害虫防除法をいう。すなわち,ある孤立した地域の害虫に対し,その総数の数倍の不妊昆虫を放飼すると,正常な雌雄による交尾,受精の確立は,不妊昆虫の混在によって著しく減少する。これをくり返すことによって,同地域の特定の害虫を絶滅させることができる。このような方法による害虫の個体数の減少速度は,殺虫剤などによる場合よりもずっと速いことが計算によって示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone