不良資産(読み)フリョウシサン

デジタル大辞泉「不良資産」の解説

ふりょう‐しさん〔フリヤウ‐〕【不良資産】

回収の見込みの少ない債権不良債権)や、簿価から価値が大幅に下落した証券、流通市場で買い手が付かず売却が困難な証券など、本来の価値が毀損した資産の総称
[補説]2008年のリーマンショック契機に、米国の金融機関が抱える多額の不良資産の問題が深刻化した。この不良資産には、住宅ローンなど不動産関連の債権、不動産担保融資が元になった証券化商品、さまざまな債権や証券を組み合わせて証券化した債務担保証券CDO)等が多く含まれていた。これらの資産は、不動産が値下がりを続ける局面では実質価値が不明で、特にCDOについては、複雑な商品特性もあって買い手が付きづらく、損失額が確定しない状態が続き、金融機関の経営を圧迫した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android