コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与太 ヨタ

デジタル大辞泉の解説

よた【与太】

[名・形動]《「与太郎」の略》
愚かで役に立たないこと。また、そのさまや、そのような人。
「子供は多勢(おおぜい)で、―なものばかり揃って居て」〈藤村破戒
いいかげんなこと。でたらめなこと。また、そのさまや、そのような言葉。
「この人は決して―な返事はしない」〈里見弴・今年竹〉
素行のよくない人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よた【与太】

( 名 ・形動 )
〔「与太郎」の略〕
知恵が足りないこと。愚かなこと。また、そのさま。そのような者をもいう。馬鹿。 「 -者」 「子供は多勢で、-なものばかり揃つてゐて/破戒 藤村
いい加減なこと。でたらめなこと。また、そのさま。 「 -な話」
素行不良の者。ならずもの。 「 -ニツキアウナ/ヘボン 三版
役に立たないもの。 「職人が不慣れで-が出る」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

与太の関連キーワード式守 伊之助(16代目)木村 庄之助(20代目)式守伊之助(16代)式守伊之助(9代)昭和元禄落語心中池田の牛ほめ国重(2)古海 卓二三井 弘次東映(株)深作 欣二磯野 秋雄明石与太夫安成 貞雄木村庄之助かぼちゃ屋紅沢 葉子ろくろ首近日息子深作欣二

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与太の関連情報