与太(読み)ヨタ

  • よた・る

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《「与太郎」の略》
愚かで役に立たないこと。また、そのさまや、そのような人。
「子供は多勢(おおぜい)で、―なものばかり揃って居て」〈藤村破戒
いいかげんなこと。でたらめなこと。また、そのさまや、そのような言葉。
「この人は決して―な返事はしない」〈里見弴・今年
素行のよくない人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動
与太郎の略
知恵が足りないこと。愚かなこと。また、そのさま。そのような者をもいう。馬鹿。 -者 子供は多勢で、-なものばかり揃つてゐて/破戒 藤村
いい加減なこと。でたらめなこと。また、そのさま。 -な話
素行不良の者。ならずもの。 -ニツキアウナ/ヘボン 三版
役に立たないもの。 職人が不慣れで-が出る
[句項目] 与太を飛ばす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)(「よたろう(与太郎)」の)
① 知恵が足りないこと。役に立たないこと。また、そのさまやその者。愚か者。ばか。うすのろ。よた者。
※雑俳・伊勢冠付(1772‐1817)「代官どの息子の与太を何太夫」
② でたらめなこと。いいかげんなこと。出まかせなこと。また、そのさまやそのような言葉。→与太を飛ばす
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉総見「この人は決してヨタな返事はしない」
※孤蝶随筆(1924)〈馬場孤蝶〉昔の寄席「若い女であって、芸は何うせヨタであったのであらうが、器量のお蔭で人気を集めて居たのだ」
③ 素行不良の者。ならず者。よた者。
※改正増補和英語林集成(1886)「Yota(ヨタ)ニ ツキアウナ」
〘自ラ五(四)〙 (「よた(与太)」の動詞化)
① 不良じみた言動をする。
※混血児ジョオヂ(1931)〈浅原六朗〉二「伊勢佐木町あたりのカフェーを、さんざんヨタッてへべれけに酔っぱらって歩きまはったってことをきいてよ」
② でたらめをいう。嘘をいう。与太を飛ばす。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「知らない所は宜しく与太(ヨタ)って家康の老いて益々旺なる大隈式智識慾を満足させ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与太の関連情報