与謝野 晶子(読み)ヨサノ アキコ

20世紀日本人名事典の解説

与謝野 晶子
ヨサノ アキコ

明治〜昭和期の歌人,詩人



生年
明治11(1878)年12月7日

没年
昭和17(1942)年5月29日

出生地
大阪府堺市甲斐町

本名
与謝野 しよう

旧姓(旧名)
鳳 晶子(ホウ アキコ)

別名
号=小舟,白萩

学歴〔年〕
堺女学校卒

経歴
明治29年頃から歌作をはじめ、33年東京新詩社の創設と共に入会し、「明星」に数多くの作品を発表。34年「みだれ髪」を刊行、同年秋与謝野寛と結婚。「明星」の中心作家として、自由奔放、情熱的な歌風で浪漫主義詩歌の全盛期を現出させた。この頃の代表作に、「小扇」「毒草」(鉄幹との合著)「恋衣」(山川登美子茅野雅子との合著)「舞姫」などがあり、大正期の代表作としては「さくら草」「舞ごろも」などがある。短歌、詩、小説、評論の各分野で活躍する一方、「源氏物語」全巻の現代語訳として「新訳源氏物語」を発表したほか「新訳栄華物語」などもある。婦人問題、教育問題にも活躍し「人及び女として」「激動の中を行く」などの評論集があり、大正10年創立の文化学院では学監として女子教育を実践した。ほかに遺稿集「白桜集」、「雲のいろいろ」などの小説集や「短歌三百講」など著書は数多く、「定本与謝野晶子全集」(全20巻 講談社)、「与謝野晶子評論著作集」(全21巻 龍渓書舎)が刊行されている。平成5年には未発表作品「梗概源氏物語」が出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

与謝野 晶子 (よさの あきこ)

生年月日:1878年12月7日
明治時代-昭和時代の歌人;詩人
1942年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与謝野 晶子の関連情報