茅野雅子(読み)チノマサコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茅野雅子 ちの-まさこ

1880-1946 明治-昭和時代の歌人。
明治13年5月6日生まれ。茅野蕭々(しょうしょう)の妻。新詩社にはいり,明治38年山川登美子,与謝野晶子(よさの-あきこ)と合著歌集「恋衣」を出版,「明星」「スバル」などに作品を発表した。大正10年母校日本女子大の教授となり,晩年までつとめた。昭和21年9月2日死去。67歳。大阪出身。旧姓は増田。本名はまさ。号はしら梅。歌集はほかに「金沙集」など。
【格言など】しら梅の衣にかをると見しまでよ君とは云はじ春の夜の夢(「恋衣」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅野雅子
ちのまさこ
(1880―1946)

歌人。旧姓増田。大阪生まれ。日本女子大学国文科卒業。早く新詩社に入り、白梅と号し清楚艶麗(せいそえんれい)な歌風で知られた。山川登美子(とみこ)、与謝野晶子(よさのあきこ)と共著の歌集『恋衣(こいごろも)』(1905)を在学中に刊行。卒業後茅野蕭々(しょうしょう)と結婚。歌集『金沙(きんさ)集』(1917)刊行の年京都から上京し、晩年まで長く母校教授を務めた。蕭々没後5日目に死去、雑司ヶ谷霊園に葬られた。詩、小説、童話も書き、随筆集『朝の果実』(蕭々と共著、1938)、『蕭々雅子遺稿抄』(1956)がある。[新間進一]
 しら梅の衣(きぬ)にかをると見しまでよ君とは云(い)はじ春の夜の夢
『青木生子著『茅野雅子』(1968・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちの‐まさこ【茅野雅子】

歌人。本名まさ。旧姓増田。大阪出身。蕭々の妻。早くから新詩社にはいり、「明星」誌上に短歌を発表。与謝野晶子山川登美子との合著歌集「恋衣」に名を連ねた。歌集「金沙集」、蕭々との共著随筆集「朝の果実」などがある。明治一三~昭和二一年(一八八〇‐一九四六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android