コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅野雅子 チノマサコ

3件 の用語解説(茅野雅子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちの‐まさこ【茅野雅子】

[1880~1946]歌人。大阪の生まれ。旧姓、増田。蕭々(しょうしょう)の妻。「明星」に短歌を発表。歌集「恋衣」(共著)「金沙集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茅野雅子 ちの-まさこ

1880-1946 明治-昭和時代の歌人。
明治13年5月6日生まれ。茅野蕭々(しょうしょう)の妻。新詩社にはいり,明治38年山川登美子,与謝野晶子(よさの-あきこ)と合著歌集「恋衣」を出版,「明星」「スバル」などに作品を発表した。大正10年母校日本女子大の教授となり,晩年までつとめた。昭和21年9月2日死去。67歳。大阪出身。旧姓は増田。本名はまさ。号はしら梅。歌集はほかに「金沙集」など。
【格言など】しら梅の衣にかをると見しまでよ君とは云はじ春の夜の夢(「恋衣」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅野雅子
ちのまさこ
(1880―1946)

歌人。旧姓増田。大阪生まれ。日本女子大学国文科卒業。早く新詩社に入り、白梅と号し清楚艶麗(せいそえんれい)な歌風で知られた。山川登美子(とみこ)、与謝野晶子(よさのあきこ)と共著の歌集『恋衣(こいごろも)』(1905)を在学中に刊行。卒業後茅野蕭々(しょうしょう)と結婚。歌集『金沙(きんさ)集』(1917)刊行の年京都から上京し、晩年まで長く母校教授を務めた。蕭々没後5日目に死去、雑司ヶ谷霊園に葬られた。詩、小説、童話も書き、随筆集『朝の果実』(蕭々と共著、1938)、『蕭々雅子遺稿抄』(1956)がある。[新間進一]
 しら梅の衣(きぬ)にかをると見しまでよ君とは云(い)はじ春の夜の夢
『青木生子著『茅野雅子』(1968・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茅野雅子の関連キーワード安江不空足立公平遠藤桂風岡千里小谷心太郎鈴木康文高安やす子田辺夏子谷邦夫林古渓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茅野雅子の関連情報