コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世俗諺文 せぞくげんぶん

2件 の用語解説(世俗諺文の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

世俗諺文【せぞくげんぶん】

平安中期の辞書源為憲著。1007年成立。当時の成句,ことわざを集めその典拠を示した一種の熟語辞書。3巻のうち上巻のみが現存。〈良薬苦於口(りょうやくくちににがし)〉〈大器晩成〉などの成句220条が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

せぞくげんぶん【世俗諺文】

源為憲の著作。藤原頼通のために編纂(へんさん)した俗諺(ぞくげん)集で、寛弘4年(1007)成立。全3巻中で現存するのは上巻のみ。せぞくげんもん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世俗諺文の関連キーワード三宝絵詞池亭記扶桑集源為憲口遊倭訓類林鸚鵡抄工藤為憲昌住源為明

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世俗諺文の関連情報