世俗諺文(読み)せぞくげんぶん

百科事典マイペディア「世俗諺文」の解説

世俗諺文【せぞくげんぶん】

平安中期の辞書源為憲著。1007年成立。当時の成句,ことわざを集めその典拠を示した一種の熟語辞書。3巻のうち上巻のみが現存。〈良薬苦於口(りょうやくくちににがし)〉〈大器晩成〉などの成句220条が残る。詳細な和訓が付された写本もあり,言語生活史や国語史研究の資料としての価値も高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報