コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世宗実録地理志 せいそうじつろくちりしSejong-sillok-chiriji

1件 の用語解説(世宗実録地理志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世宗実録地理志
せいそうじつろくちりし
Sejong-sillok-chiriji

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の地理書。8巻。端宗2 (1454) 年に撰進された。本書は『李朝実録』のなかの「世宗実録」の一部で,実録中に「地理志」を詳細に記録しているのは異色とされている。本書は本来その成立の 22年前,世宗 14 (32) 年に撰進されたという『新撰八道地理志』を改修整備したものといわれているが,『八道地理志』が亡失した現在,貴重な地志資料である。本書の内容は8道,道内の府,州,郡,県のそれぞれについて沿革,境域,戸口,姓氏,人物,産物,貢物,古跡などを項目別に記したもので,当時の社会経済の貴重な資料とされている。 1937年,朝鮮総督府中枢院から索引を付して刊行され,さらに 57年に学習院東洋文化研究所からも刊行されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone