コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両関(りょうぜき)

デジタル大辞泉プラスの解説

両関(りょうぜき)

秋田県、両関酒造株式会社の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

りょうぜき【両関】

秋田の日本酒。清酒の酒名に多く使われる「正宗」は鎌倉の刀工・正宗に由来するが、これを作刀における東の大関に見立て、京の三条宗近を西の大関とし、東西の名匠にあやかり酒名を「両関」とした。純米大吟醸酒「雪月花」は国際酒類評価会の最高金賞受賞酒。ほかに大吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒などがある。全国新酒鑑評会など各種鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、美山錦、秋田酒こまちなど。仕込み水は栗駒山系の伏流水。蔵元の「両関酒造」は明治7年(1874)創業。所在地は湯沢市前森。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

両関(りょうぜき)の関連キーワード伊藤 忠吉(2代目)秋田県湯沢市前森混合仲裁裁判所西桂(町)佐々木縮往栃本関跡伊藤忠吉識別問題メヘレン秋田県念珠関五年蔵小仏峠中山道横綱兵庫敦煌箱根

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android