コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条宗近 さんじょうむねちか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三条宗近
さんじょうむねちか

平安時代,永延期 (987~989) ,京都三条に居住したと伝えられる刀工日本刀最初期の刀工の一人。謡曲や歌舞伎で伝説化されている。小切先 (こぎっさき) でそりの高い刀を作る。「三条」または「宗近」と銘を切る,御物の『宗近太刀』と国宝の『名物三日月宗近』が代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条宗近 さんじょう-むねちか

宗近(むねちか)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんじょうむねちか【三条宗近】

平安時代の刀工。生没年不詳。永延(987‐989)のころ京都三条に住したと伝え,三条小鍛冶と呼称された。能の《小鍛冶》で白狐を相槌に太刀を鍛える刀工はこの宗近のことである。現存作はきわめて少なく,御物の〈宗近〉銘の太刀と〈三条〉銘の名物〈三日月宗近〉の太刀がよく知られている。ことに〈三日月宗近〉は室町時代以来,天下五剣の一に挙げられており,その細身で小切先,反りの高い太刀姿は日本刀のなかで最も古雅,品格のあるものと評されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三条宗近
さんじょうむねちか

生没年不詳。平安時代の刀鍛冶(かじ)。永延(えいえん)(987~989)ごろの人という。京の三条に住したので三条小鍛冶(こかじ)の呼称があり、伏見の稲荷(いなり)明神の相槌(あいづち)を得て名剣を鍛えたとの伝説は、能『小鍛冶』によりよく知られる。小鍛冶とは鉄資材から鉄製品をつくるものをいい、大鍛冶(砂鉄などから鉄資材をつくるもの)と区別した呼称である。現存する有銘作品はきわめて少なく、「宗近」銘と「三条」銘とがあり、前者は若狭(わかさ)酒井家に伝来する現御物(ぎょぶつ)の太刀(たち)、後者は天下五剣の一つで名物の三日月宗近によって代表される。
 宗近の系統を三条派と呼称するが、この派には兼永(かねなが)、国永(くになが)、有成(ありなり)、吉家(よしいえ)、近村(ちかむら)などの弟子がいて、兼永、国永は五条に移住したという。また有成は河内(かわち)国(大阪府)に移ったとも伝えられる。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三条宗近の関連キーワード五条国永埋忠明寿五条兼永山城物両関有国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android