コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並河理二郎 なびか りじろう

1件 の用語解説(並河理二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並河理二郎 なびか-りじろう

1860-1926 明治-大正時代の実業家,政治家。
万延元年8月11日生まれ。出雲(いずも)(島根県)安来の人。イネの品種改良,養蚕の奨励など農事改良につとめるほか,安来銀行,合同汽船,安来製鋼所などを創立した。島根県会議員,安来町長をへて,明治27年衆議院議員(当選3回,政友会)。大正15年6月4日死去。67歳。幼名は茂七郎。号は適処,冬蛙など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

並河理二郎の関連キーワード万延大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone