コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並河理二郎 なびか りじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並河理二郎 なびか-りじろう

1860-1926 明治-大正時代の実業家,政治家。
万延元年8月11日生まれ。出雲(いずも)(島根県)安来の人。イネの品種改良,養蚕の奨励など農事改良につとめるほか,安来銀行,合同汽船,安来製鋼所などを創立した。島根県会議員,安来町長をへて,明治27年衆議院議員(当選3回,政友会)。大正15年6月4日死去。67歳。幼名は茂七郎。号は適処,冬蛙など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

並河理二郎の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎バルトーク

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android