コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康里巙巙 こうりきき Kāng lǐ Zhī zhī

1件 の用語解説(康里巙巙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうりきき【康里巙巙 Kāng lǐ Zhī zhī】

1295‐1345
中国,元の書家。子山と号した。康里巙ともよばれる。中央アジアのトルコ系遊牧民康里部の出身。父,兄ともに中国風の高い教養を身につけ,文宗の学問所奎章閣に出仕して学士院大学士となり,順宗の時には翰林院承旨となった。能書をもって知られ,趙孟頫(ちようもうふ)に次ぐ評価をうけている。なお,巙には〈のう〉または〈どう〉というよみ方があるので,彼のことを,〈こうりのう〉または〈こうりどう〉とよむ人もある。【外山 軍治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

康里巙巙の関連キーワード虞集王羲之宋史二子山漢籍書家螺子山遼史飯田百川高頤斎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone