コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康里巙巙 こうりききKāng lǐ Zhī zhī

2件 の用語解説(康里巙巙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうりきき【康里巙巙 Kāng lǐ Zhī zhī】

1295‐1345
中国,元の書家。子山と号した。康里巙ともよばれる。中央アジアのトルコ系遊牧民康里部の出身。父,兄ともに中国風の高い教養を身につけ,文宗の学問所奎章閣に出仕して学士院大学士となり,順宗の時には翰林院承旨となった。能書をもって知られ,趙孟頫(ちようもうふ)に次ぐ評価をうけている。なお,巙には〈のう〉または〈どう〉というよみ方があるので,彼のことを,〈こうりのう〉または〈こうりどう〉とよむ人もある。【外山 軍治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康里巙巙
こうりきき
Kang-li Kui-kui

[生]元貞1 (1295)
[没]至正5 (1345)
中国,の文人,書家。字は子山,号は正斎,恕叟など。諡は文忠。色目人でカンクリ(康里)部の人。ブフム(不忽木)の子。幼少の頃から多くの書籍に通じ,文宗のときに承直郎集賢待制となり,累進して翰林学士承旨にいたった。順宗に最も信任され側近にあって治道を説き続け,学問の発展に努め,また中止されていた科挙の復活に貢献。書をよくし,趙孟頫の影響を受けて代の書法への復古主義をとり,みずからは草書をよくし,元代の代表的書家とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

康里巙巙の関連キーワード中原師右ホンダ N360安国寺興国貞和映画ファンドイルハン国御伝鈔マルコポーロ過去帳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone