コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局務 キョクム

大辞林 第三版の解説

きょくむ【局務】

局と名のつく役所や組織の事務。
太政官の外記局の上席の者。平安時代以後、清原氏・中原氏の世襲となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の局務の言及

【外記】より

…平安時代には少納言局の実務は外記に移り,外記局・左弁官局・右弁官局のいわゆる太政官3局を構成するにいたり,五位の外記も出現する。外記の上首を局務(きよくむ)という。平安時代の半ば以降,大外記は清原氏・中原氏の2氏が世襲した。…

※「局務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

局務の関連キーワード日朝交渉史摂関家渡領清原頼業中原師遠中原師員大江広元中原師右中原師茂外記局中原氏太政官師守記部局官庁官務崇尊外記

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局務の関連情報