コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師重 なかはらの もろしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師重 なかはらの-もろしげ

1166-1221 鎌倉時代の官吏。
仁安元年生まれ。中原師尚(もろひさ)の3男。建久3年記録所寄人(よりゅうど)となり,関白九条兼実(かねざね)の家司(けいし)となる。大外記(だいげき)にすすみ,承元(じょうげん)4年明経(みょうぎょう)博士となった。承久(じょうきゅう)3年7月20日死去。56歳。号は六角。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原師重の関連キーワード藤原基実仁安静遍安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範後藤基清

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone