コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原氏女 なかはら うじのめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原氏女 なかはら-うじのめ

?-1284 鎌倉時代の女性。
若狭(わかさ)(福井県)の御家人脇袋範継(わきぶくろ-のりつぐ)の妻。東寺領若狭太良荘(たらのしょう)(小浜市)内の末武名(すえたけみょう)の名主職をめぐって,弘長(こうちょう)-文永年間(1261-75)もと名主の出羽房(でわのぼう)雲厳の養子と称する宮河乗蓮らとあらそい,相論(訴訟)にかって,同地の名主となった。弘安(こうあん)7年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原氏女

没年:弘安7(1284)
生年:生年不詳
鎌倉中期の若狭国(福井県)御家人の妻。法名信阿。若狭国最大の在庁官人稲葉時定の孫娘で,御家人脇袋範継の妻。東寺領若狭国太良荘(福井県小浜市)の根本領主雲厳以来の相伝文書を,女性(後家)として所持し,相論に勝利して太良荘内の末武名の名主となった。

(林文理)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中原氏女の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android