中原綾子(読み)なかはら あやこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原綾子 なかはら-あやこ

1898-1969 大正-昭和時代の歌人。
明治31年2月17日生まれ。与謝野晶子(よさの-あきこ)に師事し,第2期「明星」で活躍。昭和4年吉井勇の「相聞」(のちの「スバル」)にくわわり,6年「いづかし」を創刊。戦後「すばる」を復刊,主宰した。昭和44年8月24日死去。71歳。長崎県出身。東洋高女卒。旧姓曾我。歌集に「真珠貝」「深淵」「刈株」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android