コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国の為替制度

1件 の用語解説(中国の為替制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国の為替制度

中国人民銀行は昨年7月、米ドルと連動して1ドル=8.28元に事実上固定していた人民元相場を1ドル=8.11元に約2%切り上げ、ドルや欧ユーロ、円など主要通貨の動向を踏まえた「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」を導入した。人民銀は毎朝、その日の相場水準となる「基準値」を公布。今年1月からは外資を含む主要15金融機関の意見も聴取しているが、あくまで「参考」で、実態は中国政府が為替介入で厳しく管理している。

(2006-05-16 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国の為替制度の関連情報