コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国第一汽車集団 ちゅうごくだいいちきしゃしゅうだん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国第一汽車集団
ちゅうごくだいいちきしゃしゅうだん

1953年、革命後の社会主義中国で最初に設立された第一汽車(自動車)製造廠(せいぞうしょう)を土台に発展した中国第一汽車集団公司(コンス)(略称一汽)を中核とする企業集団。英語表記はFirst Automobile Works Group(FAW Group)。「解放集団」ともよばれる。
 1953年長春市郊外に設立された第一汽車製造廠は、1956年に国産中型トラック第1号の「解放」を生産、中国自動車産業の幕開けの栄誉を担った。同社はソ連の156項目に上る対中援助中最大のプロジェクトであり、モスクワ郊外のスターリン自動車工場(現リハチョフ自動車工場)をモデルにフォードシステムとよばれる大量生産システムを導入して建設された。その後、経営規模を拡大。1980年代には軽自動車、乗用車などにも生産を多角化、1982年12月に11企業からなる大手自動車製造グループ、中国第一汽車集団を結成した。
 1997年末時点で、同集団にはフォルクスワーゲンとの合弁会社である第一汽車大衆有限公司をはじめ、金杯汽車、青島(チンタオ)汽車などがあり、世界70か国の100の企業と提携関係にあった。生産車種はトラックを中心に乗用車のジェッダ、ゴルフ、アウディ、小紅旗など年産40万台の生産能力をもち、1997年の生産・販売台数は約26万台で、中国で6年連続1位を占めていた。
 2002年に天津汽車Tianjin Automobile Industry(Group)Co.を合併し、フォルクスワーゲンに続いてトヨタ自動車との提携も進めた。2009年時点で、全額出資子会社28社、半額以上出資子会社18社をもつ。世界70か国以上で製品を販売し、従業員数は約13万3000人。年間生産・販売台数が2002年には58万台、2004年には100万台を突破し、2008年の販売台数は153万2923台。2008年の総資産は1052億8000万元、売上高は1617億6000万元、利益高は72億1000万元であった。[上川孝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中国第一汽車集団の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正