コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中坊公平 なかぼうこうへい

3件 の用語解説(中坊公平の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

中坊公平

弁護士。1929年8月2日、京都府京都市生まれ。54年、司法試験に合格。70年、大阪弁護士会副会長に就任。73年、森永ヒ素ミルク中毒事件被害者弁護団と千日デパート火災テナント弁護団の団長に就任。85年、豊田商事の破産管財人となる。これらの案件において被害者救済に尽力し、90年、日本弁護士連合会会長に就任。市民派弁護士の代表格として「平成の鬼平」との異名を得る。99年、司法制度改革審議会委員に就任。02年、住宅金融債権管理機構(現・整理回収機構)の初代社長として債権者から15億円を詐取したとして詐欺罪で告発されたが、起訴猶予処分となり社長を辞任。03年、弁護士の登録取消届を提出、弁護士を廃業した。13年5月3日、心不全により死去。享年83。

(2013-5-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中坊公平【なかぼうこうへい】

弁護士。京都府出身。京都大学法学部卒業。1957年に弁護士登録。1973年に森永ヒ素ミルク中毒被害者弁護団と大阪の千日(せんにち)デパート火災テナント弁護団の団長に就任,被害者の救済などに尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中坊公平 なかぼう-こうへい

1929-2013 昭和後期-平成時代の弁護士。
昭和4年8月2日生まれ。昭和32年大阪弁護士会にはいる。48年森永ヒ素ミルク中毒被害者弁護団団長。60年豊田商事の破産管財人となる。平成2年日本弁護士連合会会長。8年住宅金融債権管理機構社長となり,11年それが発展した整理回収機構の社長。同年顧問となる。社長時代の不適切な債権回収の責任をとって15年弁護士廃業を表明し,17年廃業した。平成25年5月3日死去。83歳。京都出身。京大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中坊公平の関連キーワード弁護士法京都府開庁記念日京都府京都市上京区北町京都府京都市東山区辰巳町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区東町高橋義次高山義三堀田康人北山六郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中坊公平の関連情報