コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中天游 なか てんゆう

2件 の用語解説(中天游の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中天游 なか-てんゆう

1783-1835 江戸時代後期の医師,蘭学者。
天明3年生まれ。江戸で大槻玄沢(おおつき-げんたく)に,京都で稲村三伯(さんぱく)にまなぶ。文化14年大坂で開業し,蘭学塾をひらく。斎藤方策と共訳の「把而翕湮(パルヘイン)解剖図譜」を刊行。天保(てんぽう)6年3月26日死去。53歳。丹後(京都府)出身。本姓は上田。名は環。字(あざな)は環中。通称は耕助。別号に思々斎。著作に「視学一歩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中天游
なかてんゆう
(1783―1835)

江戸後期の蘭学(らんがく)者。丹後国(京都府)の儒医の家に生まれ、名は環(たまき)、字(あざな)は環中(かんちゅう)、思々斎(ししさい)と号した。本姓上田。江戸で儒学を古賀精里(こがせいり)に、医学を大槻玄沢(おおつきげんたく)に学んで京都に帰り、1809年(文化6)海上随鴎(うながみずいおう)(前名稲村三伯(いなむらさんぱく))の門に入って蘭学を修め、随鴎の没後その遺志によって娘をめとり、西宮(にしのみや)に移り開業。のち大坂に出て医業は妻に任せ、蘭学塾(思々斎塾)を開いて訳述と教育に没頭した。その門に緒方洪庵(おがたこうあん)がいる。目の光学についての日本最初の専門書『視学一歩』、天文・数学書の『天学一歩』『算学一歩』、引力論の物理学書『奇児(ケイル)引律』など理学方面の著訳書のほか『把而翕湮(パルヘイン)解剖図譜』の共訳書があり、実地解剖の記録も知られる。[宗田 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中天游の関連キーワード三角了敬阿部古仙神戸習悦後藤呉山佐藤圭陰沢田玄良滝沢宗伯百々俊道福井棣園守矢祥庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中天游の関連情報