コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央官制 チュウオウカンセイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐かんせい〔チユウアウクワンセイ〕【中央官制】

第二次大戦前の中央官庁の設置・名称・組織・機能などに関する規定。勅命によって定められ、内閣官制・各省官制などに分かれていた。現在は法律で定められ、国家行政組織法・各省設置法がこれに当たる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうかんせい【中央官制】

第二次大戦前の中央官庁の組織に関する諸規定。内閣官制・各省官制などがあり、勅令によって定められた。戦後の国家行政組織法・各省設置法に当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中央官制の関連キーワード百済(くだら 朝鮮)新羅(しらぎ)三省六部制度スウェーデンジャルグチ大化改新八省百官新漢人旻ミンマン内閣官制平城天皇始皇帝律令制尚書省内三院兵部省中書省八局六省勅令

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android