コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央官制 チュウオウカンセイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐かんせい〔チユウアウクワンセイ〕【中央官制】

第二次大戦前の中央官庁の設置・名称・組織・機能などに関する規定。勅命によって定められ、内閣官制・各省官制などに分かれていた。現在は法律で定められ、国家行政組織法・各省設置法がこれに当たる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうかんせい【中央官制】

第二次大戦前の中央官庁の組織に関する諸規定。内閣官制・各省官制などがあり、勅令によって定められた。戦後の国家行政組織法・各省設置法に当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中央官制の関連キーワード百済(くだら 朝鮮)新羅(しらぎ)スウェーデン三省六部制度ジャルグチ大化改新ミンマン八省百官新漢人旻平城天皇内閣官制律令制兵部省内三院始皇帝尚書省中書省勅令家職六省

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android