コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尾義稲 なかお よしね(ぎとう)

美術人名辞典の解説

中尾義稲

国学者。通称八郎右衛門、号は竹廼屋。本居春庭・大平・市岡猛彦の門で学び、最も古典に通じる。著書に『尾張神社考』『尾張名所歌集』等がある。嘉永2年(1849)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中尾義稲 なかお-よしね

1782-1850* 江戸時代後期の国学者。
天明2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。本居春庭(もとおり-はるにわ),本居大平(おおひら)にまなぶ。書物奉行深田香実のもとで岡田啓とともに全60巻の「尾張志」の編修にあたる。和歌もよくした。嘉永(かえい)2年12月25日死去。68歳。通称は八郎右衛門。号は竹廼屋。著作に「古訓大祓詞(おおはらえことば)」,編著に「名所今歌集」など。

中尾義稲 なかお-ぎとう

なかお-よしね

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中尾義稲の関連キーワード国学者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android