コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尾義稲 なかお よしね(ぎとう)

3件 の用語解説(中尾義稲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中尾義稲

国学者。通称八郎右衛門、号は竹廼屋。本居春庭・大平・市岡猛彦の門で学び、最も古典に通じる。著書に『尾張神社考』『尾張名所歌集』等がある。嘉永2年(1849)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中尾義稲 なかお-よしね

1782-1850* 江戸時代後期の国学者。
天明2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。本居春庭(もとおり-はるにわ),本居大平(おおひら)にまなぶ。書物奉行深田香実のもとで岡田啓とともに全60巻の「尾張志」の編修にあたる。和歌もよくした。嘉永(かえい)2年12月25日死去。68歳。通称は八郎右衛門。号は竹廼屋。著作に「古訓大祓詞(おおはらえことば)」,編著に「名所今歌集」など。

中尾義稲 なかお-ぎとう

なかお-よしね

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中尾義稲の関連キーワード福田美楯桂誉正加藤千年是一(6代)三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone