コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山三屋 なかやま みや

2件 の用語解説(中山三屋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山三屋 なかやま-みや

1840-1871 幕末-明治時代の歌人。
天保(てんぽう)11年9月25日生まれ。周防(すおう)(山口県)の人。母は公卿中山忠能(ただやす)家の奥女中室谷民子。京都にすみ,6歳で歌会にでて,のち香川景恒(かげつね)門下として活躍する。尼姿で関西・中国地方の豪商,勤王家らと交際し,各地の情報をあつめ中山忠能におくった。明治4年6月21日死去。32歳。名は宮ともかく。著作に「旅日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中山三屋

没年:明治4.6.21(1871.8.7)
生年:天保11.9.25(1840.10.20)
幕末期の勤王家,歌人。宮,みやとも書く。大納言中山忠能家に仕える長州出身の戸倉岱介(後名中山忠道)と中山家の奥女中で歌人室谷民子の娘といわれる。父は忠能との説もある。6歳で歌会に出席,香川景恒門下で早くから注目された。13歳で母に死別後剃髪し,以後尼姿で関西,中国地方を巡り各地の動向を忠能宛に書き送り,スパイとして活動したものと考えられる。各地の志士,豪商たち約400名を記録した自筆の「人名覚」は,幕末の勤王運動家の研究に貴重。維新後,遊学のため長崎へ向かったが,病を得て急ぎ父の故郷へ向かう途中,防府で客死。三屋三十三回忌追善集『浮木廼亀』は三屋と交遊のあった宮中御歌所長高崎正風の命名。<参考文献>柴桂子「埋もれた勤王女流歌人 中山三屋」(『江戸期おんな考』3集)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山三屋の関連キーワード板倉槐堂中村無二横田順宣柳東王家四親王家親王家村岡局論弁池田幸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone