中山善三郎(読み)なかやま ぜんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山善三郎 なかやま-ぜんざぶろう

1904-1974 昭和時代の新聞記者,劇作家。
明治37年6月21日生まれ。昭和2年毎日新聞社にはいり西部本社・東京本社社会部長などをへて「サンデー毎日」編集長となる。塩谷国四郎の筆名戯曲「新しき地図」などもかいた。昭和49年1月13日死去。69歳。秋田県出身。日大卒。著作に「釣りキチの履歴」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android