コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山通幽 なかやま つうゆう

1件 の用語解説(中山通幽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山通幽 なかやま-つうゆう

1862-1936 明治-昭和時代前期の宗教家。
文久2年3月21日生まれ。当山派の山伏として修験(しゅげん)道を修行,明治41年大阪で神儒仏に老荘を加味した福田海(ふくでんかい)を開宗。昭和2年郷里の岡山県にかえって吉備(きびの)中山の有木山青蓮寺を聖地とし,牛馬供養の鼻ぐり塚をつくった。昭和11年5月17日死去。75歳。旧姓は薬師寺。本名は多田盛太。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中山通幽の言及

【福田海】より

…中山通幽(つうゆう)(1862‐1936)が1908年創始した宗教。本部は岡山市吉備津。…

※「中山通幽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山通幽の関連キーワード阿蘇惟孝井伊直方到津公煕木下俊哲桑山鉄男佐村益雄立野徳治郎頼母木駒子原口徠原恒太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone