コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田海 ふくでんかい

1件 の用語解説(福田海の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくでんかい【福田海】

中山通幽(つうゆう)(1862‐1936)が1908年創始した宗教。本部は岡山市吉備津。通幽は修験道当山派の山伏として活躍する一方で,日清戦争前のナショナリズムの台頭の影響をうけ,井上円了の哲学館で学び,大阪に関西哲学館を開いた。神儒仏に老荘を加味した独特の宗教哲理を形成し,陰徳積善の功徳を盛んに説いた。その説に従う者を聖徳太子の四福田になぞらえて福田海員と名付け,1900年比叡山の不滅の法灯の分灯を得て教団の信仰の中心にすえ,08年大阪で福田海の開創を表明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福田海の関連キーワード通有通有性普通郵便優優曽遊優遊貞光ゆうゆう館焼酎遊々宗宥中山通幽

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福田海の関連情報