コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中峰明本

2件 の用語解説(中峰明本の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中峰明本

元代の臨済宗の僧。浙江省銭塘の人。俗姓孫氏、号は中峰。天目山の高峰原妙に就いてその法を嗣ぐ。終生官寺に住まず、自ら「幻住」と称して遊歴と隠遁の生活を送る。その間多くの雲衲を接化し、江南の古仏と呼ばれた。仁宗皇帝より仏慈円照広慧禅師号を賜わる。至治3年(1323)寂、61才。智覚禅師・普応国師と謚号される。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中峰明本
ちゅうぼうみんぽん
Zhong-feng Ming-ben

[生]中統4(1263).11.2. 銭塘
[没]至治3(1323).8.14. 天目山
中国,元の臨済宗の僧。俗姓は孫。号は幻住道人。 25歳のとき出家。天目山師子院の高峰原妙を師として禅の修行に努め,印可を受けた。いたるところに幻住庵を構えて,一寺の住持としてとどまらなかったが,彼の高徳を慕って道俗が集った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中峰明本の関連キーワード一銭西郷札ノリの価格チンキム銭(通貨単位)銭(貨幣)銭(質量単位)中統元宝交鈔中統鈔

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone