コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島宜門 なかじま よしかど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島宜門 なかじま-よしかど

1807-1894 江戸後期-明治時代の武士,国学者。
文化4年7月9日生まれ。衣川(きぬがわ)長秋歌道をまなぶ。因幡(いなば)鳥取藩の勘定所加役をへて破損奉行をつとめる。慶応4年藩校尚徳館編纂(へんさん)掛となり「伯耆(ほうき)誌」の編修にたずさわる。隠居後は高草郡の日吉神社,米子(よなご)の勝田(かんだ)神社の祠官。明治27年1月1日死去。88歳。本姓幸田。字(あざな)は祝甫,長録。通称は宜右衛門。号は回水園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島宜門の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android