コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島広行 なかじま ひろゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島広行 なかじま-ひろゆき

1817-1900 幕末-明治時代の歌人,神職。
文化14年生まれ。肥後(熊本県)で長瀬真幸に,長崎で中島広足(ひろたり)に国学をまなび,広足の養子となる。慶応4年長崎府国学教授方取締助教,ついで広運館本学局教授となる。明治28年長崎諏訪(すわ)神社宮司(ぐうじ)。明治33年2月8日死去。84歳。肥前島原(長崎県)出身。本姓は植木。初名は隼太。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島広行の関連キーワード島重道

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android