コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡西惟中 おかにし いちゅう

7件 の用語解説(岡西惟中の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡西惟中

江戸前・中期の俳人。因幡生。名は勝、字は赤子、通称は平太、別号を一時軒・竹馬童子・北水浪士等。歌は烏丸資広、連歌は里村昌程に学び、西山宗因に入門、『俳諧蒙求』を著わす。居を岡山から大坂に移し、医を業としながら活躍した。正徳元年(1711)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかにし‐いちゅう〔をかにしヰチユウ〕【岡西惟中】

[1639~1711]江戸前期から中期の俳人。因幡(いなば)の人。号は一時軒など。西山宗因に師事し、談林随一の論客として知られた。著「俳諧蒙求」「近来俳諧風体抄」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡西惟中 おかにし-いちゅう

1639-1711 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永16年生まれ。西山宗因に師事する。談林派を代表する論客として知られたが,同門の反感をかって俳壇をしりぞいた。正徳(しょうとく)元年10月26日死去。73歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。名は勝。字(あざな)は赤子。通称は平太。別号に一時軒,一有,間々翁,時適。著作に「俳諧蒙求(はいかいもうぎゅう)」「俳諧破邪顕正返答」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡西惟中

没年:正徳1.10.26(1711.12.5)
生年:寛永16(1639)
江戸前期の俳人。因幡国鳥取に生まれ,のちに備中岡山に移りさらに大坂に移住する。早くから和漢の学を学んだが,『心正筆法論』を著すほど書道にも造詣が深かった。俳諧は20歳代から作り始め,談林俳諧が流行するといち早く談林派に転向し,岡山にありながら談林派を代表する俳諧師として活躍した。彼は実作よりも論書に本領を発揮し,『渋団返答』『俳諧蒙求』『俳諧或問』などの論書を次々に刊行し,もともと理論的根拠をもたなかった談林俳諧に,『荘子』に基づく寓言説を導入して,その理論的根拠を打ち立てた。談林俳諧の最盛期の延宝6(1678)年,40歳のとき居を大坂に移して,実作と理論の両面にわたって活躍し,井原西鶴と並んで西山宗因門の両翼と目されるに至った。理論家としては談林俳人の中では群を抜いていたが,それだけに衒学的で自我意識が強く,同門のなかからも反感を買った。宗因流の正当な後継者は自分だという気持ちが強かったから,宗因死後は談林俳諧の指導者として活躍するもくろみがあったと思うが,この性格が災いして同門の信望を得ることができなかった。また延宝末年には談林俳諧は事実上終焉のときを迎え,談林俳諧の理論家として知られていただけに彼は活躍の場を失った。宗因死後は俳諧の第一線から退き,漢詩,和歌,書などを楽しんで余生を送った。<参考文献>上野洋三「岡西惟中論」(『文学』1970年1月号)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おかにしいちゅう【岡西惟中】

1639~1711) 江戸前期の国学者・俳人。鳥取の人。号、一時軒など。西山宗因に師事、談林派の理論家として貞門に対抗した。著「俳諧蒙求」「誹諧破邪顕正返答」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡西惟中
おかにしいちゅう

[生]寛政16(1639).因幡
[没]正徳1(1711).10.26. 大坂
江戸時代前期~中期の俳人。名,勝。通称,平吉。岳西氏,松永氏ともいう。別号,一時軒,草庵,一瓢子,竹馬童子など。西山宗因の門。和歌,連歌,書道,漢詩もよくし,博学多識,談林の第一の論客であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡西惟中
おかにしいちゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡西惟中の関連キーワード浅見左逸小泉友賢阿形但秀尼坂好道半井和年惟中智月尼大蕪貞陸因幡氏

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone