コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中嶋久万吉 なかじま・くまきち

朝日日本歴史人物事典の解説

中嶋久万吉

没年:昭和35.4.25(1960)
生年:明治6.7.24(1873)
明治から昭和期の実業家,政治家。陸奥宗光の妹と初代衆議院議長中島信行との長男。横浜生まれ。明治30(1897)年東京高商(一橋大)卒業。東京株式取引所に入り,その後桂太郎内閣総理大臣秘書官を経て,39年古河財閥に入った。同財閥の若い当主古河虎之助の補佐役のひとりであり,また財閥本社の古河合名の理事を務め,横浜電線製造(古河電気工業),横浜護謨両社の設立に尽力して各社長に就任した。大正期に入ると,大正6(1917)年日本工業倶楽部の設立に尽力して専務理事に就任するなど,主たる活動分野を財界活動に移し,「財界の世話役」などといわれた。昭和5(1930)年臨時産業合理局の常任顧問となり,産業合理化運動に尽力し,さらに7年斎藤実内閣の商工大臣となり,官民製鉄合同をすすめた。政友,民政両党の提携を斡旋したため軍部,右翼から攻撃され,次いで帝人事件にまきこまれ,在任1年で商工相を辞職し,財界の第一線からも引退した。<著作>『政界財界五十年』,「足利尊氏と私―逆賊にされた思い出―」(『文芸春秋』1956年6月号)<参考文献>森川英正『財閥の経営史的研究』

(小早川洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中嶋久万吉の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android