コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川子訥 なかがわ しとつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川子訥 なかがわ-しとつ

1848-1871 明治時代の儒者。
嘉永(かえい)元年生まれ。甲斐(かい)(山梨県)の人。杉浦譲にまなび,明治元年幕府の徽典(きてん)館(甲府学問所)の学頭となり,同年育英寮長兼助教に転じた。のち東京で川田甕江(おうこう)の門にはいる。明治4年11月6日金華山島(宮城県)で大波にさらわれ水死。24歳。名は毅。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中川子訥の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android