コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川幸夫 なかがわゆきお

百科事典マイペディアの解説

中川幸夫【なかがわゆきお】

いけばな作家。香川県生れ。大阪市の印刷所勤務のかたわら,1942年池坊入門。古典花を研究する一方,マッスを重視した新しいいけばなを独力で模索する。1949年初個展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川幸夫 なかがわ-ゆきお

1918-2012 昭和後期-平成時代の華道家。
大正7年7月25日生まれ。はじめ池坊(いけのぼう)に入門,立花(りっか)をまなぶ。戦後は重森三玲(しげもり-みれい)の主宰する白東社に参加し,昭和26年池坊を脱退。流派に属さず一作家として活動し,植物の生命と相対した自分のいけ花を追求。書も手がける。平成11年織部賞。平成24年3月30日死去。93歳。香川県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川幸夫の関連キーワード勅使河原蒼風土門拳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中川幸夫の関連情報