コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重森三玲 しげもり みれい

3件 の用語解説(重森三玲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重森三玲 しげもり-みれい

1896-1975 大正-昭和時代の作庭家,生け花研究家。
明治29年8月20日生まれ。全国の著名な庭園を実測調査し,「日本庭園史図鑑」をあらわす。東福寺方丈庭園など百数十の庭園をつくる。前衛生け花を提言し,また創作的茶道を実践した。昭和50年3月12日死去。78歳。岡山県出身。日本美術学校卒。本名は計夫。著作に「日本花道美術全集」「日本茶道史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

しげもりみれい【重森三玲】

1896~1975) 庭園研究家・作庭家。岡山県生まれ。日本美術学校卒。シュールレアリスム理論に傾倒し新しい生け花を提唱し、勅使河原蒼風・中山文甫などに影響を与えた。松尾大社庭園などを実作。著「日本庭園史図鑑」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重森三玲
しげもりみれい
(1896―1975)

造園家、庭園史研究家。岡山県生まれ。日本美術学校卒業後、東洋大学文学部に学ぶ。幼時から絵画、いけ花、茶道を好み、18歳のとき父元治郎の経済的援助により、真行草の茶室天籟庵(あん)を設計(現在岡山県加賀(かが)郡吉備中央(きびちゅうおう)町の重森三玲記念館の横に移築・保存)。青年期から日本庭園史の研究および茶・華道の研究を行う。設計した庭園および茶室は、社寺、住宅、ホテルなどに約300を数え、代表作に京都・松尾大社庭園がある。主著『日本庭園史図鑑』全28巻、『日本庭園史大系』(共著)全35巻など。[重森完途]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の重森三玲の言及

【いけばな】より

…明治の修養主義から大正の教養主義の時代へと,いけばなの自由花もまた人間の教義としてのいけばなを問い,その確立を志した。この運動のなかから昭和初年にはより先鋭的に芸術としてのいけばな確立をめざしたのは,重森三玲,勅使河原蒼風,中山文甫たちによる〈新興いけばな宣言〉であったが,昭和10年代からの戦争突入によってこの運動も挫折してしまった。戦後の急激ないけばなの近代化は,勅使河原蒼風,中山文甫,小原豊雲たちによって展開され,使用する素材の領域を拡大して鉄や石や鳥の羽根,貝などの無機物までを含めていけばなの造形活動を行った。…

【庭園】より

…昭和に入ってからは,二つの目立った動きがみられる。一つは寺院に多くの枯山水をつくった重森三玲であり,自然主義的な庭園を批判して象徴的な庭園を打ち立てた。いま一つは昭和の初めころ飯田十基が推進した雑木の庭で,そののち小形研三に継がれ,都市の人工化とともに急成長している。…

※「重森三玲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重森三玲の関連キーワード作庭入江美法加藤謙一河上益夫白石代吉前田友助松田覚太皆見省吾森島守人山村たか

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重森三玲の関連情報